特別講演1:  会長講演

日時: 3月7日(火) 13:10~14:10,会場:S会場(5号館5階5534教室)

山上 伸 氏(日本オペレーションズ・リサーチ学会会長)

経歴

  • 2014年 東京ガス株式会社 常務執行役員 エネルギー生産部長
  • 2016年 同        同 IT本部長、基盤技術部担当、環境部担当
  • 2017年 同        同 IT本部長、技術本部長
  • 2018年 同 参与
  • 2022年 同 社友
  • 同 公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会 会長
題目: エクスポネンシャル時代のOR

概要
現代は複数の分野で技術が指数関数的に進化し、次の10年にこれまでの100年の変化以上の革新が起きるといわれています。20世紀に繫栄した企業は、その20世紀的DNAのゆえに21世紀には絶滅する運命にあります。
 急速な変化が起きるエクスポネンシャル時代において、組織が生き残るために持つべき特徴について俯瞰したうえで、ORそしてOR学会がどうあるべきかについて私見をお話ししたいと思います。

特別講演2:  第12回研究賞受賞講演

日時: 3月8日(水) 10:45~11:45,会場:S会場(5号館5階5534教室)

谷川 眞一 氏(東京大学)

経歴

  • 1981年生まれ 博士(工学)
  • 2010年3月 京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程修了
  • 2010年4月 日本学術振興会特別研究員
  • 2011年6月 京都大学数理解析研究所助教
  • 2017年4月 東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻准教授
題目: 数理計画的視点の一例

概要
私の主要な研究対象であるグラフ剛性理論において,数理計画的視点が果たしてきた役割を解説したいと思います.